エントリー

本日✴︎1/8(火)EXTREME NOISE EXTREME feat. ドラびでお

本日✴︎1/8(火)EXTREME NOISE EXTREME feat. ドラびでお

本日✴︎1/8(火)の音溶は、SPACEGRINDER氏主催のEXTREME NOISE EXTREME!!

スペシャルなゲストには約半年ぶりに一楽儀光氏ことドラびでお登場です!!!!

今回も視聴覚ぶっ飛ぶカオスティックなヒトトキをご堪能ください♪

オープンは平日に優しい19:30!!是非〜

 

EXTREME NOISE EXTREME

New Year 2019 at OTO-DOKE, Matsuyama

2019.01.08(tue)

 

◆CAST

ドラびでお

Charlie Apple

Ogura

SPACEGRINDER。

and Matsuyama Noise Cruw...

 

一楽儀光/ドラびでお

2012年長年プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトにより圧倒的な個性と唯一無似な世界観を出している。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評をはくし2013年にも大規模なワールドツアーが企画されている。現在はVestaxs社より技術提供CACIO社より機材提供を受けより完成度の高い「DORAnome3」が制作されている。

2005年には ARS Electronica(オーストリア)にて、Digital Musics & Sound Art 部門の Honorary Mention賞 (入選) を受賞[1]。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待され2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。

ドラムスをビデオコントローラとして利用し、MADムービーをコントロールしつつドラム演奏するという「ドラびでお」と名付けたパフォーマンス(一種のメディアアート)を行い各地にて活動。 2005年、オーストリア・リンツにて開催されたアルス・エレクトロニカ Digital Musics部門でHonorary Mention賞を受賞。また同年、ラフォーレ原宿『夏のラフォーレグランバザール』のテレビコマーシャルに起用された。 ドラマーとしては大友良英・Sachiko MとのI.S.O、山本精一の想い出波止場、Acid Mothers Temple &the melting paraiso U.F.O.、灰野敬二の静寂などのライブおよびレコーディングに参加している。

2012年1月29日、持病の腰痛の悪化を理由にドラマーを引退することを自らのブログにて表明[2]しているが、2014年にギタリストに転向、ミュージシャンとしての活動は継続している。

 

 

ADV/1500yen(1drink order)

DOOR/1800yen(1drink order)

 

 

OPEN/19:00 START/19:30

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

2019年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着画像