エントリー

カテゴリー「TECHNO」の検索結果は以下のとおりです。

oto-doke 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton)

音溶 14th anniversary feat. GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

oto-doke 14th anniversary

2019.11.23(sat)@oto-doke

 

◆Special Guest DJ

GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。

2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル"Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。

2013年にはジェフ・ミルズ "Where Light Ends" のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの"The Noughties EP"、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。

2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。

8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。

毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、冬にはBoiler Roomの5周年にも出演し話題となった。

2016年、ベルリンBerghainが運営するレーベルOstgut TonからNick Hoppnerとの共作「Fantastic Planet」を発表。同年12月には、Berghainの12周年アニバーサリーパーティーにも出演を果たした。

近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。

 

Gonno is without a doubt an integral part of the current wave of house and techno in Japan. His releases have not only appeared on reputable local labels but have also made their way humbly over to the continent.

Gonno always manages to bring an acidy and melodic flavor to his DJ and live sets while still staying true to his house and techno roots. Without fail he draws clubbers in with eclectic sounds and the lost art of storytelling behind the decks/machines.

As a result of his infectious sets he’s been playing as a DJ around the world such as UK, EU, US, China, South East Asia, India and Australia since now.

Gonno’s release “Acdise #2” on International Feel Recordings in 2011 was his break point to get wider audience, even before its release the EP had frequent play from so many DJs such as Laurent Garnier, James Holden, Francois Kevorkian, Tim Sweeney and Todd Terje, and still continues to be a phenomenal long seller. It’s no exaggeration to say “Acdise #2” is the year’s best Japanese techno tune.

In 2015 Gonno released a full-length solo album for the first time in ten years entitled “Remember The Life Is Beautiful” from Endless Flight which gained him wider recognition and appraise from international audience. His remix of Jeff Mills’ “Light Of Electric Energy” was included in Mills’ album “Where Light Ends,” and other recent works include his solo EP “The Noughties” on Tim Sweeney’s Beats In Space Records, and a collaboration EP with Nick Höppner “Fantastic Planet” on Ostgut Ton.

In past 3 years from then, while he’s still been touring many countries he did some remix for the label such as Cocktail D’Amore Music and Butter Sessions etc., also collaborated with a Japanese drummer Masumura and putted their album “In Circles” in 2018 on P-vine records Japan. It sounds they focuses the new impacts between electronics and afro-jazzy drums, such like resonating South London's new vibes as Giles Peterson introduced their track on BBC Radio in UK.

In 2019 he is keeping touring arounds energetically as a DJ, amongst he suppose to play at Dekmantel Selectors Croatia, Berghain, Canada and US from summer till Autumn. On top of that, the collaboration with Nick Höppner will be coming back and their new EP on Ostgut Ton. Also his some remixes will be coming out soon.

 

 

◆DJ

Charlie Apple

OKADA Masahiro

 

◆FOOD

音溶手作り特製フード&スペシャル・カクテル

 

◆OPEN-LAST/22:00-MORNING

 

◆FEE

早割 2000yen (1drink order)

当日 2500yen (1drink order)

 

★早割予約は11/22迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

 

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

音溶 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

M.M.O.S

MMOS

 

M.M.O.S

2019.11.09(sat)@oto-doke

 

●DJs

AnN

Katsuya Usami

SHAD

Kono Gen

Akinori Ishii

 

●OPEN/ 22:00

 

●FEE/ 1000yen 1drink order

 

House、Techno♪

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

2019.10.11(fri)@oto-doke

Triangle DJs(secret)

OPEN/ 21:00

FEE/ 1500yen(w/1drink)

untitiled

「untitiled」 oto-doke techno party

untitiled

2019.10.05(sat)@oto-doke

 

◆DJ

AnN

rYo

TANAKA

Masaya

Kosuke Takaishi

 

◆LIVE

ADAMAY

 

OPEN/ 22:00

FEE/ 1000yen 1drink order

techno♪

COKK

COKK

COKK

2019.09.21(sat)@oto-doke

 

DJ

Charlie Apple

Osoba

Kosuke Takaishi

Kono Gen

 

OPEN/ 22:00

FEE/ ¥1000 (1drink order)

Kin-Ben LABEL presents Work Out feat. TAKAAKI ITOH

20190920kinbenlabel_takaakiitoh.jpg

 

Kin-Ben LABEL presents Work Out

2019.09.20 (fri) at oto-doke

 

TAKAAKI ITOH

 

TAKAAKI ITOH (WOLS)

名実共に日本を代表するテクノDJ。

ベルリンの世界最高峰クラブ BERGHAINでのPARTYへの出演をはじめ、アムステルダム最大級の野外フェスティヴァAWAKENINGS、MAYDAY,スペインの最も有名なクラブ La Real などといった各国の大規模のイベント、フェスティバルに出演。

国内では最もアンダーグラウンドとされる千葉のPARTYにゲスト出演、そして横浜アリーナで開催された国内最大級の屋内レイヴには2011年、2013年と二度の出演を果たす。

各国メディアからは「ジャパニーズ・アンダーグラウンドテクノキング」との名称が与えられ、そのハードかつストイックに展開するサウンドスタイルで世界中に多くの信者を持つ。

これまでに50を超えるトラック, EPをリリースと並行して世界二十カ国以上の200を超える都市でDJ、ライブを経験。

2003年には自身のレーベル”WOLS”をスタート。

トラックとDJプレイに一貫する、『テクノが持つ可能性をストイックに探求』、そして『音に妥協を許さないそのスタイル』に加えて『テクノの概念をさらに前進させる、独自のインダストリアル観を持つグルーヴ感』に特化したそのDJ/LIVEプレイはクラウドに新鮮な衝撃を与え、熱狂させている。

 

●DJ

TAKAAKI ITOH (WOLS)

ふたなりDJたらちゃん

TANAKA

仏滅

SAM

the human & assets (Kin-Ben LABEL)

 

OPEN 22:00

Fee 1500yen (2drink order)

 

20190920kinbenlabel_takaakiitoh_ura.jpg

lot feat. DJ WADA (co-fusion/dirreta)

lot feat. DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

 

lot

2019.09.14 (sat) at oto-doke

 

special guest

DJ WADA (co-fusion/dirreta)

 

DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

78年よりDJ活動をスタート。現在そのキャリアは40年を超える。経験に裏付けされる確かなテクニックと独特の世界観はパーティーフリークのみならず同業者達からも厚い信頼を集める。

アーティスト活動においてもHeigo Tani とのユニット〈Co-Fusion〉〈Atom〉名義で数々の楽曲を発表し、スペイン バルセロナでの「soner festival」や国内では「WIRE」などを始めとする数々のビックフェスに出演。

’08年にはソロ名義初のアルバム「Final Resolution」を、翌 ’09年 アルバム「ONE」をリリース。’14年には自身のレーベル《Dirreta》を設立し、同年4月 レーベル第1弾シングル「Claudy Space」続いて12月には第2弾シングル「saivoA13」を、そして、第3弾シングル「the blue door」をリリース。

 

guest vj

Naoto Tsujita (UMBRA/six) 

 

dj

Okada Masahiro

Kosuke Takaishi

TANAKA × HARA

Charlie Apple

 

FOOD

音溶特製手作フード

 

 

OPEN-LAST/21:00-Morning

 

◆fee

早割2000円(1drink order)

当日2500円(1drink order)

 

★早割予約は9/13迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

lot feat. DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

Melting Noise feat. galcid × 34423

Melting Noise feat. galcid × 34423

 

Melting Noise

2019.08.17 (sat) at oto-doke

 

◆special guest live

galcid

galcid

galcid

Lenaによるソロユニット。“シンセマエストロ・齋藤久師”をプロデューサーに迎え、2013年に始動。

アナログシンセザイザー、ユーロラックを使いこなした「完全即興スタイル」が話題を呼び、NINA KRAVIZ、DANIEL MILLER、Oval、冨⽥勲⽒との共演や、インド・ムンバイで開催された⽂化庁海外メディア芸術祭に召集されるなと⼀躍話題に。

2016年8⽉にリリースされた記念すべき1st. アルバム“hertz”(Detroit Underground)は、発表されるや否や、カール・ハイド(Underworld)やクリス・カーター(スロッピング・グリュッスル)を始めとする世界の名だたるアーティストたちから賞賛を得た。

同年12⽉にTDMEで⾏われBoiler Roomに出演。

その後国内のライブを重ねながら、2017年3⽉は⾹港、7⽉はバルセロナ、マドリード、ロンドン公演を⼤成功に収めた。2017年11⽉、⽇本科学未来館で⾏われたMutek.jpに参加。Mutekでは入場制限が出るほどの盛況ぶりだった。年末には深センのラジオ局Future Mixの⽂化交流を⽬的とするフェスで、galcidは演奏と共にドイツのレジェンドDJマイク・ヴァン・ダイクと、トークセッションとモジュラーのワークショップを担う。その後も⽂化庁とMutekが主催する⽇本メディアアートフェスティバルの授賞式のアフターパーティーイベントで映像作家とコラボレートして参加し、話題に。

2018年5月にNitzer Ebbのカバーを制作したものをカールハイドが気に入り、ラジオ局で流したいとオファーを受ける。

7月には坂本龍一氏がgalcidの楽曲をspotifyでピックアップし話題に。

2019年よりacidセット別名義lenacidとしてもEPをSchmerレコーズよりリリースし活動を開始。

Official Web Site : galcid.com

 

◆guest live

34423

34423(ミヨシフミ)

34423 (ミヨシフミ)

愛媛県出身、東京在住。電子音楽家。コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、2013年待望の世界デビュー盤『Tough and Tender』(邂逅)をリリースし話題をさらった。

2015年に2nd アルバム『Masquerade』(邂逅)をリリース。

また、鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』、ヤマシタマサ監督『東京ノワール』など多岐にわたる映画の劇伴や、広告音楽、サウンドロゴなどの作編曲も手掛けている。

2018年は、5月より3ヶ月間デジタル配信での連続リリースを行なっており、ラップトップの他、モジュラー、コンパクトエフェクターなどのアナログ機材を使用したライブパフォーマンスが話題。

 

◆live

ipppen(香川)

NAMI(香川)

44(香川)

森田理論(高知)

P.O.V(大分)

Obscure TV

Chiaki Bando × Hori

八百奇天烈トリオ

Ishii

ADAMAY

SPACEGRINDER

 

◆dj

Charlie Apple

AnN

Katsuya Usami

 

◆food

音溶手作り特製フード&旬のSPカクテル

 

◆open-close/20:00-morning

 

◆fee

早割2000円(1drink order)

当日2500円(1drink order)

 

★早割予約は8/16迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

Melting Noise feat. galcid × 34423 [裏面]

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

 

RAWST × D-FUNK

2019.08.14 (web) at oto-doke

 

Special Guest Live

K-BOMB (BLACK SMOKER)

 

K-BOMB、KILLER-BONG(BLACK SMOKER)

K-BOMB (BLACK SMOKER)

1997年、BABA、JUBE、NOX、DJ YAZIと、「THINK TANK」を結成。2000年、THINK TANKのレーベル「BLACK SMOKER」を設立。「K-BOMB」、「KILLER BONG」、「THE LEFTY」、etc...など数々の名義を使い分け自身のレーベルだけでも膨大な枚数の音源を世に放つ。また、NIPPS / THE HEAVYMANNERS / QUIETSTOEM / DJ BAKU / MURO / DEV LARGE などの楽曲参加、リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。

 

DJ

Charlie Apple

BEER GERONIMO

DUCKBILL

Katsuo

OHASHI SHIGERU

LEMON SOUR

U-DILLA

OSAKI SHIN

 

LIVE/ SIVA

 

FOOD/ 野菜ぱくぱく

 

OPEN/ 20:00

 

FEE

早割 \2000 (1drink order)  当日 \2500 (1drink order)

★早割予約は8/13迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

協力店/ ATTACK STORE

 

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

lot feat. AOKI takamasa

2019.07.20 lot feat. AOKI takamasa

 

lot

2019.07.20 (sat) @oto-doke

◆Special Guest

AOKI takamasa

 

AOKI takamasa

コンピュータを用いた創作活動を中心とし、独自の音楽表現でイギリスBBCラジオ・プログラムOne Worldへの楽曲提供(The Beatles 'i will'のカヴァー)、YCAMでのコンテンポラリー・ダンサーや映像作家との共同制作、高木正勝とのユニットSILICOMなど、海外・日本国内ともに高い評価を受けている。

2001年にPROGRESSIVE FOrMよりフルアルバムSILICOMをリリース。2004年パリに移住。その後2008年にベルリンに移住。ヨーロッパを拠点に制作活動、世界各国でライブを行う。2011年帰国。現在は大阪に拠点を置きソロでの楽曲制作、国内外でのライブ活動の他、多数のアーティストへの楽曲提供、ミックスなども行っている。

http://www.aokitakamasa.com/

 

◆Guest VJ

NAOTO TSUJITA (UMBRA/six)

 

◆DJ

OKADA Masahiro

Kosuke Takaishi

TANAKA × HARA

Charlie Apple

 

◆FOOD

音溶特製手作りフード & 旬のスペシャル・カクテル

 

◆OPEN-LAST/21:00-Morning

 

◆FEE

早割予約/ 2000yen (1drink order)

当日/ 2500yen (1drink order)

 

★早割予約は7/19迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

[裏面] 2019.07.20 lot feat. AOKI takamasa

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着画像