エントリー

カテゴリー「TECHNO」の検索結果は以下のとおりです。

Cueva de la música

Cueva de la música

Cueva de la música 

2020.01.31 (fri) @oto-doke

 

DJ

KENTA OGURA aka DJ CAMEL

 

DOOR 1500yen/1drink

★女性は00:00まで入場無料

 

OPEN 21:00 LAST 3:00

 

House Music♪

untitiled feat. Fedka the Irritant (from. London)

2020.01.25 untitiled feat. Fedka the Irritant (from London)

 

untitiled

2020.01.25 (sat) @oto-doke

 

◆Guest Live

Fedka the Irritant (from. London)

 

Fedka the Irritant (from London)

Fedka the Irritant は、ロンドン出身のテクノ・アーティスト。

elektron octatrackとトロンボーンを中心にとした電子機器を駆使し、ファンキーかつマッドネスなテクノサウンドをオトドケ!!

soundcloud

https://soundcloud.com/fedkatheirritant

https://soundcloud.com/horror-boogie-records/fedka-the-irritant-one

https://soundcloud.com/horror-boogie-records/fedka-the-irritant-watch-them

 

◆DJ

OKADA Masahiro

rYo

Kosuke Takaishi

Osoba

AnN

Akinori Ishii

 

OPEN/ 22:00

FEE/ 1000yen 1drink order

 

techno♪

COK

COK 2019.12.21

COK

2019.12.21 (sat) @oto-doke

 

DJ

Charlie Apple

Osoba

Katsuya Usami

 

open/ 21:00

fee/ 1000yen 1drink order

 

house music, techno

oto-doke 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton)

音溶 14th anniversary feat. GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

oto-doke 14th anniversary

2019.11.23(sat)@oto-doke

 

◆Special Guest DJ

GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。

2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル"Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。

2013年にはジェフ・ミルズ "Where Light Ends" のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの"The Noughties EP"、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。

2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。

8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。

毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、冬にはBoiler Roomの5周年にも出演し話題となった。

2016年、ベルリンBerghainが運営するレーベルOstgut TonからNick Hoppnerとの共作「Fantastic Planet」を発表。同年12月には、Berghainの12周年アニバーサリーパーティーにも出演を果たした。

近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。

 

Gonno is without a doubt an integral part of the current wave of house and techno in Japan. His releases have not only appeared on reputable local labels but have also made their way humbly over to the continent.

Gonno always manages to bring an acidy and melodic flavor to his DJ and live sets while still staying true to his house and techno roots. Without fail he draws clubbers in with eclectic sounds and the lost art of storytelling behind the decks/machines.

As a result of his infectious sets he’s been playing as a DJ around the world such as UK, EU, US, China, South East Asia, India and Australia since now.

Gonno’s release “Acdise #2” on International Feel Recordings in 2011 was his break point to get wider audience, even before its release the EP had frequent play from so many DJs such as Laurent Garnier, James Holden, Francois Kevorkian, Tim Sweeney and Todd Terje, and still continues to be a phenomenal long seller. It’s no exaggeration to say “Acdise #2” is the year’s best Japanese techno tune.

In 2015 Gonno released a full-length solo album for the first time in ten years entitled “Remember The Life Is Beautiful” from Endless Flight which gained him wider recognition and appraise from international audience. His remix of Jeff Mills’ “Light Of Electric Energy” was included in Mills’ album “Where Light Ends,” and other recent works include his solo EP “The Noughties” on Tim Sweeney’s Beats In Space Records, and a collaboration EP with Nick Höppner “Fantastic Planet” on Ostgut Ton.

In past 3 years from then, while he’s still been touring many countries he did some remix for the label such as Cocktail D’Amore Music and Butter Sessions etc., also collaborated with a Japanese drummer Masumura and putted their album “In Circles” in 2018 on P-vine records Japan. It sounds they focuses the new impacts between electronics and afro-jazzy drums, such like resonating South London's new vibes as Giles Peterson introduced their track on BBC Radio in UK.

In 2019 he is keeping touring arounds energetically as a DJ, amongst he suppose to play at Dekmantel Selectors Croatia, Berghain, Canada and US from summer till Autumn. On top of that, the collaboration with Nick Höppner will be coming back and their new EP on Ostgut Ton. Also his some remixes will be coming out soon.

 

 

◆DJ

Charlie Apple

OKADA Masahiro

 

◆FOOD

音溶手作り特製フード&スペシャル・カクテル

 

◆OPEN-LAST/22:00-MORNING

 

◆FEE

早割 2000yen (1drink order)

当日 2500yen (1drink order)

 

★早割予約は11/22迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

 

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

音溶 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

M.M.O.S

MMOS

 

M.M.O.S

2019.11.09(sat)@oto-doke

 

●DJs

AnN

Katsuya Usami

SHAD

Kono Gen

Akinori Ishii

 

●OPEN/ 22:00

 

●FEE/ 1000yen 1drink order

 

House、Techno♪

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

2019.10.11(fri)@oto-doke

Triangle DJs(secret)

OPEN/ 21:00

FEE/ 1500yen(w/1drink)

untitiled

「untitiled」 oto-doke techno party

untitiled

2019.10.05(sat)@oto-doke

 

◆DJ

AnN

rYo

TANAKA

Masaya

Kosuke Takaishi

 

◆LIVE

ADAMAY

 

OPEN/ 22:00

FEE/ 1000yen 1drink order

techno♪

COKK

COKK

COKK

2019.09.21(sat)@oto-doke

 

DJ

Charlie Apple

Osoba

Kosuke Takaishi

Kono Gen

 

OPEN/ 22:00

FEE/ ¥1000 (1drink order)

Kin-Ben LABEL presents Work Out feat. TAKAAKI ITOH

20190920kinbenlabel_takaakiitoh.jpg

 

Kin-Ben LABEL presents Work Out

2019.09.20 (fri) at oto-doke

 

TAKAAKI ITOH

 

TAKAAKI ITOH (WOLS)

名実共に日本を代表するテクノDJ。

ベルリンの世界最高峰クラブ BERGHAINでのPARTYへの出演をはじめ、アムステルダム最大級の野外フェスティヴァAWAKENINGS、MAYDAY,スペインの最も有名なクラブ La Real などといった各国の大規模のイベント、フェスティバルに出演。

国内では最もアンダーグラウンドとされる千葉のPARTYにゲスト出演、そして横浜アリーナで開催された国内最大級の屋内レイヴには2011年、2013年と二度の出演を果たす。

各国メディアからは「ジャパニーズ・アンダーグラウンドテクノキング」との名称が与えられ、そのハードかつストイックに展開するサウンドスタイルで世界中に多くの信者を持つ。

これまでに50を超えるトラック, EPをリリースと並行して世界二十カ国以上の200を超える都市でDJ、ライブを経験。

2003年には自身のレーベル”WOLS”をスタート。

トラックとDJプレイに一貫する、『テクノが持つ可能性をストイックに探求』、そして『音に妥協を許さないそのスタイル』に加えて『テクノの概念をさらに前進させる、独自のインダストリアル観を持つグルーヴ感』に特化したそのDJ/LIVEプレイはクラウドに新鮮な衝撃を与え、熱狂させている。

 

●DJ

TAKAAKI ITOH (WOLS)

ふたなりDJたらちゃん

TANAKA

仏滅

SAM

the human & assets (Kin-Ben LABEL)

 

OPEN 22:00

Fee 1500yen (2drink order)

 

20190920kinbenlabel_takaakiitoh_ura.jpg

lot feat. DJ WADA (co-fusion/dirreta)

lot feat. DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

 

lot

2019.09.14 (sat) at oto-doke

 

special guest

DJ WADA (co-fusion/dirreta)

 

DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

78年よりDJ活動をスタート。現在そのキャリアは40年を超える。経験に裏付けされる確かなテクニックと独特の世界観はパーティーフリークのみならず同業者達からも厚い信頼を集める。

アーティスト活動においてもHeigo Tani とのユニット〈Co-Fusion〉〈Atom〉名義で数々の楽曲を発表し、スペイン バルセロナでの「soner festival」や国内では「WIRE」などを始めとする数々のビックフェスに出演。

’08年にはソロ名義初のアルバム「Final Resolution」を、翌 ’09年 アルバム「ONE」をリリース。’14年には自身のレーベル《Dirreta》を設立し、同年4月 レーベル第1弾シングル「Claudy Space」続いて12月には第2弾シングル「saivoA13」を、そして、第3弾シングル「the blue door」をリリース。

 

guest vj

Naoto Tsujita (UMBRA/six) 

 

dj

Okada Masahiro

Kosuke Takaishi

TANAKA × HARA

Charlie Apple

 

FOOD

音溶特製手作フード

 

 

OPEN-LAST/21:00-Morning

 

◆fee

早割2000円(1drink order)

当日2500円(1drink order)

 

★早割予約は9/13迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

lot feat. DJ WADA (Co-Fusion/Dirreta)

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

2020年01月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着画像