エントリー

カテゴリー「HOUSE/DISCO」の検索結果は以下のとおりです。

oto-doke 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton)

音溶 14th anniversary feat. GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

oto-doke 14th anniversary

2019.11.23(sat)@oto-doke

 

◆Special Guest DJ

GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

 

GONNO (WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。

2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル"Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。

2013年にはジェフ・ミルズ "Where Light Ends" のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの"The Noughties EP"、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。

2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。

8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。

毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、冬にはBoiler Roomの5周年にも出演し話題となった。

2016年、ベルリンBerghainが運営するレーベルOstgut TonからNick Hoppnerとの共作「Fantastic Planet」を発表。同年12月には、Berghainの12周年アニバーサリーパーティーにも出演を果たした。

近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。

 

Gonno is without a doubt an integral part of the current wave of house and techno in Japan. His releases have not only appeared on reputable local labels but have also made their way humbly over to the continent.

Gonno always manages to bring an acidy and melodic flavor to his DJ and live sets while still staying true to his house and techno roots. Without fail he draws clubbers in with eclectic sounds and the lost art of storytelling behind the decks/machines.

As a result of his infectious sets he’s been playing as a DJ around the world such as UK, EU, US, China, South East Asia, India and Australia since now.

Gonno’s release “Acdise #2” on International Feel Recordings in 2011 was his break point to get wider audience, even before its release the EP had frequent play from so many DJs such as Laurent Garnier, James Holden, Francois Kevorkian, Tim Sweeney and Todd Terje, and still continues to be a phenomenal long seller. It’s no exaggeration to say “Acdise #2” is the year’s best Japanese techno tune.

In 2015 Gonno released a full-length solo album for the first time in ten years entitled “Remember The Life Is Beautiful” from Endless Flight which gained him wider recognition and appraise from international audience. His remix of Jeff Mills’ “Light Of Electric Energy” was included in Mills’ album “Where Light Ends,” and other recent works include his solo EP “The Noughties” on Tim Sweeney’s Beats In Space Records, and a collaboration EP with Nick Höppner “Fantastic Planet” on Ostgut Ton.

In past 3 years from then, while he’s still been touring many countries he did some remix for the label such as Cocktail D’Amore Music and Butter Sessions etc., also collaborated with a Japanese drummer Masumura and putted their album “In Circles” in 2018 on P-vine records Japan. It sounds they focuses the new impacts between electronics and afro-jazzy drums, such like resonating South London's new vibes as Giles Peterson introduced their track on BBC Radio in UK.

In 2019 he is keeping touring arounds energetically as a DJ, amongst he suppose to play at Dekmantel Selectors Croatia, Berghain, Canada and US from summer till Autumn. On top of that, the collaboration with Nick Höppner will be coming back and their new EP on Ostgut Ton. Also his some remixes will be coming out soon.

 

 

◆DJ

Charlie Apple

OKADA Masahiro

 

◆FOOD

音溶手作り特製フード&スペシャル・カクテル

 

◆OPEN-LAST/22:00-MORNING

 

◆FEE

早割 2000yen (1drink order)

当日 2500yen (1drink order)

 

★早割予約は11/22迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

 

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

音溶 14th anniversary feat. GONNO (Beats in Space/Ostgut Ton/WC/Merkur/mulemusiq/International Feel)

M.M.O.S

MMOS

 

M.M.O.S

2019.11.09(sat)@oto-doke

 

●DJs

AnN

Katsuya Usami

SHAD

Kono Gen

Akinori Ishii

 

●OPEN/ 22:00

 

●FEE/ 1000yen 1drink order

 

House、Techno♪

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

House & Techno Party 『Triangle』

2019.10.11(fri)@oto-doke

Triangle DJs(secret)

OPEN/ 21:00

FEE/ 1500yen(w/1drink)

COKK

COKK

COKK

2019.09.21(sat)@oto-doke

 

DJ

Charlie Apple

Osoba

Kosuke Takaishi

Kono Gen

 

OPEN/ 22:00

FEE/ ¥1000 (1drink order)

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

 

RAWST × D-FUNK

2019.08.14 (web) at oto-doke

 

Special Guest Live

K-BOMB (BLACK SMOKER)

 

K-BOMB、KILLER-BONG(BLACK SMOKER)

K-BOMB (BLACK SMOKER)

1997年、BABA、JUBE、NOX、DJ YAZIと、「THINK TANK」を結成。2000年、THINK TANKのレーベル「BLACK SMOKER」を設立。「K-BOMB」、「KILLER BONG」、「THE LEFTY」、etc...など数々の名義を使い分け自身のレーベルだけでも膨大な枚数の音源を世に放つ。また、NIPPS / THE HEAVYMANNERS / QUIETSTOEM / DJ BAKU / MURO / DEV LARGE などの楽曲参加、リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。

 

DJ

Charlie Apple

BEER GERONIMO

DUCKBILL

Katsuo

OHASHI SHIGERU

LEMON SOUR

U-DILLA

OSAKI SHIN

 

LIVE/ SIVA

 

FOOD/ 野菜ぱくぱく

 

OPEN/ 20:00

 

FEE

早割 \2000 (1drink order)  当日 \2500 (1drink order)

★早割予約は8/13迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

協力店/ ATTACK STORE

 

RAWST × D-FUNK feat. K-BOMB (BLACK SMOKER)

electrum meets INTERSPICIES RECORDS

electrum feat. interspecies

 

electrum meets INTERSPICIES RECORDS

2019.08.13 [tue] @oto-doke

 

DJ 

Norizm (INTERSPICIES RECORDS)

Ryota (INTERSPICIES RECORDS)

Nori (INTERSPICIES RECORDS)

kono gen

Osoba

Charlie Apple

 

Live

34423

 

open20:30~

ticket¥1500(1drink order)

 

 

electrum feat. interspecies

音溶夏祭 2019 [前篇]

音溶夏祭2019

 

音溶夏祭 2019 [前篇]

2019.07.06(sat)@oto-doke

 

●DJ

Charlie Apple

OKADA Masahiro

Katsuya Usami

AnN

Osoba

Akinori Ishii

SHAD

TANAKA

rYo

nico

Masaya

yaok

ENDO

 

●Live

ADAMAY

 

●FOOD

CARTA BREADのパン

音溶手作りフード&スペシャルカクテル

 

●OPEN/ 21:00

 

●FEE/ 1000yen 1drink order

electric music♪

 

★期間中 7/8(月)~7/12(金)の平日BAR営業はドリンク・オール100yen OFF!!!!

RAWST feat. DJ AGEISHI (AHB pro.)

RAWST feat. DJ AGEISHI (AHB pro.)

 

RAWST

2019.05.25(sat)@oto-doke

 

◆Special Guest

DJ AGEISHI (AHB pro.)

 

DJ AGEISHI (AHB pro.)

DJ AGEISHI (AHB pro.)

’73年東京赤坂MUGENでDJとして活動を始める。’75年より、赤坂BYBLOSでソウル、ロック、ディスコミュージック(ガラージミュージック等)を中心に10年間活躍し、毎晩人々を踊らせ続けた。

’87年、六本木JAVA JIVEでレゲエ・アフロ・ラテン・スカ全般にワールドミュージックを中心にミックスしたDJスタイルを確立。’89年クラブカルチャーのパイオニア的存在であった渋谷のクラブCAVEがオープンし、レジデンツDJとして招かれる。’90年代初頭には、数多くのレギュラーDJをこなしクラブDJとしての地位を確立。’90年代後期、活動拠点を大阪に移し、PEACE CAFEのサウンドプロデューサーとして数々のオリジナルミックスCDを手がけるなど、カフェ&ミュージックをキーワードに演出。’01年より、WORLD(京都)にてレギュラーパーティーをスタートさせ京都のシーンにも影響を与える。’07年9月、Jet Set RecordsよりMIX CD “BUD:01″をリリース。 その他、有線放送 各FM局の幅広い選曲を手掛け手腕を発揮している。 ’07年10月、DJ34周年記念としてmontage(大阪)にて、34時間に及ぶ超 ロングセットプレイを敢行、DJの奥深さと感動を与え伝説を作った。’11年3月,NorwayはPrins Thomas主宰のInternasjonalより Ackin’との共作”Rain Parade” 12inchをリリース。今年で45年目、LivingLegend DJ Ageishiは今日もDJ道を歩み続けている。

www.ahbproduction.com

 

◆DJs

Charlie Apple

Kosuke Takaishi

TANAKA

Kono Gen

 

◆OPEN-CLOSE/21:00-Morning

 

◆Fee

早割/ 2000円(1drink order)

当日/ 2500円(1drink order)

 

★早割予約は5/23迄。

メール予約で【info.otodoke@gmail.com】まで

お名前・枚数お書きの上お問い合わせください。

なお、facebookページやtwitterダイレクトメッセージでも予約対応いたします。

 

RAWST feat. DJ AGEISHI (AHB pro.)

ENTRANCE

2019.05.04 ENTRANCE feat. Osoba

 

ENTRANCE

2019.05.04(sat)@oto-doke

 

●Guest DJ

Osoba

 

●DJ

TANAKA

HARA

hiro

ENDO

 

OPEN/ 22:00

FEE/ 1000yen 1drink order

House Music♪

土溶会

土溶会 ~Lounge Style~

 

土溶会

2019.04.13(sat)@oto-doke

 

●DJ

Kosuke Takaishi

TANAKA

八百奇

Lingo Taro

 

22:00~

 

Charge 1000yen 1drink order

 

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着画像